寝屋川市を代表する口コミ評判の整骨院グループ

TFCC損傷

   

こんなおなやみありませんか?

  • 転んで手をついてからずっと手首が痛い
  • 手首を小指側に曲げると痛む
  • ドアノブやタオルを絞るなどの手首をひねる動作をすると痛む
  • 安静にしていても痛みが引かない
  • 手にうまく力が入らない

TFCC損傷はなぜ起こるのか?

TFCCとは手首の小指側に存在する腕の二つの骨を結ぶ靭帯や腱、軟骨などの軟部組織を構造を三角繊維軟骨複合体と呼ばれており、英語のTriangular FibroCartilage Complexのそれぞれの頭文字をとりTFCCと呼んでいます。

そしてこのTFCCを何かしらの形で損傷したものをTFCC損傷といいます。

原因は様々で転倒した際に手をつくなどの外傷、スポーツや仕事ににおいて手首を酷使しすぎたり、加齢による変形などによって症状が現れます。

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法は、骨格矯正によって背骨や骨盤の歪みを整え、一緒に歪んでしまっていた筋肉をバランス整体によって整えることで全身の歪みを整えます。

そして治療効果を高めるために特殊な電気を痛みのある部分にあてるハイボルテージ治療や痛みの引き金となる部分に鍼や灸によってアプローチをするトリガーポイント鍼灸、筋肉と筋膜の癒着を剥がす深部整体などが主な施術となります。

なぜ、寝屋川市たぶし鍼灸整骨院の施術が症状に効果があるのか?

TFCC損傷では症状が手首に現れますが、その症状が出た方の手を庇いながら行動をしてしまうため身体のバランスが崩れてしまいます。

それによって骨格や筋肉が歪んでしまうため、それらを整えるために骨格矯正、バランス整体によって全身の歪みを改善、痛みの強い部位にはハイボルテージ治療を行い深層の筋肉をほぐし痛みを緩和し、痛みの引き金となる筋肉にトリガーポイント鍼灸を行うことによって血行を改善し、筋肉を和らげることによって痛みを取り除いていき、動かすと痛むために動かすことが少なくなってしまうと筋肉と筋膜が癒着してしまうのでそれを深部整体によって可動域を広げていきます。

再発防止のためのテーピングによる固定やサポーターの提案、ストレッチ指導などを行います。

症状を放置するとどうなるのか?

FCC損傷は放置してしまうと痛みが慢性的に出現し、安静にしていたとしても痛みが出るので動かせなくなり治療が非常に困難となってしまうため、最悪の場合手術となってしまうことがあります。

 

たぶし鍼灸整骨院グループ 交通事故におけるTFCC損傷

交通事故に合ってしまった際、手をついてしまったり自転車等のハンドルを握っている際に過度に手首を過度にひねってしまった場合にTFCC損傷を起こしてしまうことがあります。

TFCC損傷は骨に異常があるわけではないのでレントゲンでは異常は見当たらず捻挫として見逃される場合があります。

そのような場合は整骨院での治療、リハビリをおすすめします。

寝屋川市たぶし鍼灸整骨院では患者様一人ひとりの身体の状態、症状をしっかりと診させていただいた上で施術方法を考え提供することで根本的治療を目的とした施術をさせていただきます。(自賠責保険適応の場合は自己負担金0円で専門の施術を受けることが可能です。)

お問い合わせはこちら

たぶし鍼灸整骨院グループ。072-820-3366
たぶしグループ寝屋川鍼灸整骨院。072-822-1236
TOPへ戻る