寝屋川市を代表する口コミ評判の整骨院グループ

テニス肘

   

こんなおなやみありませんか?

  • 肘の外側が痛む
  • 手の甲を上げると痛む
  • 肘の外側に違和感がある
  • 重いものを持ち上げた時痛む
  • ドアノブをまわす、タオルを絞る時痛むなど

偏頭痛の痛み、症状はなぜ起こるのか?

上腕骨外側上顆炎はテニス肘とも呼ばれテニスを行う時の手をひねったり
の動作を繰り返すことで肘の外側が痛みが出るような症状です。
おもに、多いのがバックハンドの動作で起きることが多いです
上腕骨外側上顆炎になると肘の外側部で部分断裂や小断裂にとり炎症が起きている状態です。

上腕骨外側上顆炎となる関係性の高い筋
・長橈側手根伸筋
・短橈側手根伸筋
・総指伸筋

の3つが関係性が高いと考えられています。

上記で書いたようにこの3筋により炎症がおこり、重いものを持ち上げた時、
ドアノブを回す時、タオルを回す時など日常動作にも影響がでてきます。

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法

当院はバランス整体で全身治療をし、深部整体で筋膜と筋の癒着をはがし、ハイボルテージでは電気を使い奥の筋まで痛みをやわらげ血流を上げます、鍼灸では鍼をうつことにより炎症を抑えることも可能です。
そしてトリガーポイント療法も使っているので
痛みがでる所だけではなく反応があるところに治療をしていっております。

 

なぜ寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院の施術が痛みに効果があるのか?

当院では、資格を持った施術者がしっかりした知識を生かし

テニス肘を治療していくからです。
上腕骨外側上顆炎では肘で炎症が起きてるので
それを取り除く治療として骨格矯正、鍼灸、ハイボルテージが使われることが多いです。
骨格矯正をすることにより理想の姿勢を作ることができます。
鍼灸やハイボルテージは炎症、痛みをとることとして使われることが多く

完治までの時間を早めてくれます。

症状を放置するとどうなるか?

上腕骨外側上顆炎を放置すると上記でかいたように
重いものを持ち上げるなど日常生活に支障がでて、
そのまま、放置してテニスをやスポーツをしていると剥離骨折することもあり、

適切に治療をしていかなければいけない疾患です!

肘の違和感があるだけでも構いません。

お気楽にご相談ください!

 

お問い合わせはこちら

たぶし鍼灸整骨院グループ。072-820-3366
たぶしグループ寝屋川鍼灸整骨院。072-822-1236
香里園かほりまち整骨院。072-813-0688
TOPへ戻る