寝屋川市を代表する口コミ評判の整骨院グループ

肘内障

   

こんなおなやみありませんか?

  • 子供の手を引くと突然泣き出した
  • 腕を動かそうとしない
  • 触ろうとすると嫌がる
  • 時間が経つと泣き止み、肘以外を動かせるようになる
  • 何度か同じようなことが過去にもあった

肘内障はなぜ起こるのか?

肘内障とは俗にいう肘が抜けたといわれるもので、小さなお子様によく見られる症状で輪状靭帯と呼ばれる肘付近に存在する靭帯から橈骨と呼ばれる骨が外れてしまう亜脱臼のことを言い、完全脱臼とは異なります。

主に親が子供の手をグッと引っ張る、子供が遊んでいて手をひねるなどをした際に発生します。

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院では

国家資格を有した先生がしっかりと対応し、肘周囲の筋肉を緩めながら整復を行います。

症状を放置しておくと?

肘内障を放置しておくと稀ではありますが靭帯が固くなってしまい整復が困難、手術になってしまう場合があります。

そうなってしまう前に出来るだけ早く対応をすることが大事です。

また、一度肘内障になってしまうとその後も肘内障になる可能性が高くなる為、子供の手を引っ張らないようにする、激しいことは控えさせるなどの対応をしていただければ再発予防に繋がります。

お問い合わせはこちら

たぶし鍼灸整骨院グループ。072-820-3366
たぶしグループ寝屋川鍼灸整骨院。072-822-1236
香里園かほりまち整骨院。072-813-0688
TOPへ戻る