寝屋川市を代表する口コミ評判の整骨院グループ

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

   

こんなおなやみありませんか?

  • 膝の外側が痛む
  • 膝を使う運動をすると痛みが出るが、休むと痛みが消える
  • 膝が腫れていたり熱感がある
  • 痛みが膝だけではなく太ももやお尻の辺りにまで広がってきた
  • О脚気味である

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の症状はなぜ起こるのか?

ランナー膝とは主にランニングによって起こる膝周囲のスポーツ障害をさしますがその中でも腸脛靭帯と呼ばれる太ももから膝の外側にかけて存在する靭帯がスポーツなどによって膝を屈伸する動作を繰り返す事によって摩擦が発生し、その摩擦によって腸脛靭帯が炎症を起こす腸脛靭帯炎がいわゆるランナー膝といわれます。

腸脛靭帯炎にはランナー膝といわれるようにランニングや陸上、サッカーのように走るスポーツ以外にも水泳や自転車競技、バスケットボースなど膝の曲げ伸ばしが多いスポーツで起こります。

また、O脚や立っているときにかかとが内側を向く回外足などの骨格異常や、自分に合わない固い靴を履いたまま練習を続けることやアスファルト上での練習など様々な要因があります。

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法は、まず始めに患者様の全身を診させていただき、身体の歪みをしっかりと確認して骨格に歪みが生じていた場合には骨格矯正によって歪んでいた骨格をしっかり整え、歪んだ骨格を支えるために筋肉も歪んでしまっているので筋肉も同時に整えるためにバランス整体を施術します。

そしてさらにそこから、トリガーポイント鍼灸では鍼や灸を痛みの引き金となる部分に刺激を与える事によって治癒効果を高められ、ハイボルテージ治療では特殊な電気によって深層の筋肉に電気刺激を与えることによって痛みを緩和させることができます。

筋肉と筋膜の癒着を剥がす深部整体などを患者様一人ひとりに合わせて提供させていただく事によってオーダーメイドの治療をさせていただき根本的な治療を目的とした施術をさせていただいております。

なぜ寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院の施術は痛みに効果があるのか?

ランナー膝になると痛みのある足をもう一方の足で庇ってしまい、身体のバランスが崩れてしまいます。それによって骨盤に歪みが生じ続いて背骨やO脚などの足の歪みに繋がっていきます。それらの骨格の歪みを整えるために骨格矯正を、筋肉のバランスを整えるためにバランス整体によって全身の歪みを根本的に改善していきます。

そして痛みが強い場合にはハイボルテージ治療で痛みの緩和を図り、トリガーポイント鍼灸によって血流を改善し筋肉をほぐします。

そして深部整体によって痛みによって動かしていなかった事によって筋膜と癒着してしまった筋肉をしっかりと筋膜からはがし関節の可動域を広げていきます。

そしてテーピングによる固定や再発防止のためにストレッチ指導や靴のインソールの変更の提案などをしております。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)を放置するとどうなるのか?

ランナー膝は放置してしまうと痛みが慢性的に現れるようになり日常的に痛むようになり、階段の上り下りや普段の歩行などの日常動作にも支障をきたします。

お問い合わせはこちら

たぶし鍼灸整骨院グループ。072-820-3366
たぶしグループ寝屋川鍼灸整骨院。072-822-1236
香里園かほりまち整骨院。072-813-0688
TOPへ戻る