寝屋川市を代表する口コミ評判の整骨院グループ

脊柱管狭窄症

   

こんなおなやみありませんか?

  • 歩行中に痛みが出て休憩して歩くのを繰り返す
  • 足に痛みや痺れが出ることがある
  • 足に力が入らない
  • 尿の出が悪い、尿漏れがある
  • お尻に痛みや違和感がある

脊柱管狭窄症の痛み、症状はなぜ起こるのか?

脊椎には神経を囲んでいる脊柱管という管があります。

脊柱管は椎骨、椎間板、靭帯などで構成されていますが、加齢に伴って骨が歪んだり靭帯が肥厚などの変形が生じて神経を圧迫することによって痺れや痛みが現れます。

よくみられる見られるのは加齢に伴って起こる例ですが、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腫瘍による圧迫でも起こることがあります。

脊柱管狭窄症になると歩いたり走ったり立ってる時もお尻から足にかけて痺れや痛みが現れるだけでなく歩行と休憩を繰り返さないと歩けない間欠性跛行といった症状も出ます。

重症度によっては歩行が出来なくなる、排尿障害なども現れることがあります。

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での施術方法

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院での治療方法は、まず背骨や骨盤の歪みを整える骨格矯正と全身の筋肉を緩めるバランス整体で全身を根本的に治療していきます。

脊柱管狭窄症には神経を圧迫している場所への局所的なアプローチも重要となりますので治療効果を上げるために高電圧の電気刺激を深層部の筋肉に流していくハイボルテージ療法、筋膜の癒着を引き剥がす深部整体、痛みの引き金となる部分に鍼や灸の刺激を与えるトリガーポイント鍼灸などを行い脊柱管狭窄症を治療していきます。

なぜ寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院の施術が痛みに効果があるのか?

寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院では、問診の際にどういう動作で痛むのか、可動域のチェック、ケンプテストや下肢伸展挙上テスト(SLR)や大腿神経伸展テスト(FNS)などの様々な徒手検査を用いてどこが原因なのか明確にします。

実際に歩いてもらい正常動作か確認したり腱反射の有無を確認したり症状に合った治療を行います。

脊柱管狭窄症では患部の筋肉や靭帯を緩めるのはもちろんですが全身の筋肉や靭帯は連動して動いているのでバランス整体で全身を緩めます。

骨格矯正で骨の歪みを整えていきます。

これは歪みを整えて患部の筋肉や神経への負荷を抑えるのと同時に再発防止に繋がります。深部整体で患部、お尻、足の筋膜の癒着を剥がすことによって可動域を上げます。

ハイボルテージ治療で電気を当て深層部の組織と神経を刺激することにより痛みを緩和させます。

また当てながら患部に動きを加えることでさらに可動域を広げることが出来ます。トリガーポイント鍼灸で患部を緩め、神経を狙うことで痺れなどの感覚異常にもアプローチをかけます。また鍼灸治療は自然治癒力を高める効果があります。

症状を放置するとどうなるか?

初めは安静にしていると症状が現れないことが多いですが、放置していると痺れや痛みが出てきて歩きにくくなり更に進行すると歩けなくなるなどの歩行障害や尿漏れや排尿障害なども現れます。

歩けなくなると下肢の力が入らず筋力低下などにも繋がります。

普段の日常生活に支障が出るので早期治療を行い痛みになりにくい身体を作っていきましょう。

ちょっとした痛みや痺れでもご相談ください。
寝屋川市のたぶし鍼灸整骨院で根本的に解消させていただきます。
ご来院お待ちしております。

お問い合わせはこちら

たぶし鍼灸整骨院グループ。072-820-3366
たぶしグループ寝屋川鍼灸整骨院。072-822-1236
TOPへ戻る